熊本の薬剤師は高待遇


首都圏や関西の薬科大学や大学の薬学部を卒業し、都心で薬剤師として数年勤務し、年齢的に30代が近づくにつれて地元に戻りたい、Uターン転職を希望する薬剤師の方が増えています。
大学を卒業した事は都会の生活が面白おかしく、地元に戻りたいとは全く考えなかったものの、ある程度都会の生活を楽しむと地元が懐かしくなるものです。
null地域によっては薬剤師が不足しており、薬剤師のUターン転職を喜んで迎える地域は少なくありません。
熊本の薬剤師求人も、薬剤師不足が深刻な地域なので、Uターン転職については高待遇で大歓迎です。
具体的な薬剤師の給与や待遇については、どのような勤務体系を希望するかに左右される部分があるので一概には言えませんが、製薬会社に転職するなら、これまでのキャリアを、製薬会社での研究の成果を反映させるようプレッシャーがあるでしょうし、当然給与も高くなるでしょう。
職種により生じる責任の重さは、転職先により大きく異なりますから、転職情報をよく調べるとよいでしょう。


九州における薬剤師求人の現況