社会状況の変化に伴う薬剤師求人動向と大学(制度)との関係


本稿では、表題に記しましたように、社会状況の変化に伴う薬剤師求人の今後の動向と、大学による違いや大学制度の変化の影響について記しました。
社会状況の変化とは、調剤薬局が充実してきたことによるドラッグストアでの薬剤師さんの求人需給動向の変化、ネット販売が一部の薬剤については規制する法律ができましたが、この問題が再燃する可能性があるといったことがあり、こうした要因を抜きにしては、この問題の全体像は把握できません。
また、大学制度、具体的には薬科大学が6年制になったことや、薬科大学の定員増といった背景はありを指します。
以下、こうした点を加味して、今後の求人動向に触れてみます。
まず、医薬分業による調剤薬局の不足がほぼ解消されてきているという現実があります。
数年もすると、飽和状態になるとの予測もあります。
一方、ドラッグストアでの人員不足は当分かわりそうになく、この方面での求人増はある程度見込めると推定されます。
しかし、調剤薬局勤務の場合と、ドラッグストア勤務の場合の薬剤師さんへの給与他の面での待遇差を鑑みると、長いスパンで見た場合に、現状の薬剤師求人数が大幅に増加することはないか、横ばいというのが一般的な見方ですね。
ただし、この状況は、都道府県ごとに、また、地域ごとにかなりの格差があると言う事情は、当分は変わらないと予想されます。
つまり供給過剰な地域と薬剤師不足の地域差はなかなかにうまりそうにありません。
次に、大学別という観点から現状を分析しました。
基本的には、具体的な大学名は伏せますが、薬剤師国家試験の合格者数の多い所ほど、当然と言えば、一般的な意味では人気があります。
しかし、これはあくまで一般論であり、この世界においても、学歴よりも能力主義というか即戦力になりうるかというのが求められる人物像の中の大きな要素です。
薬学部が6年制になった背景には、薬剤師全体の質的低下という要素がありましたが、早急に質的な底上げは望めないのが実情です。
従って、大学による相違というよりも、実際に仕事に就いてからの知識・技術等のスキルアップに努めた方が優遇されているのが現状です。
つまり、医学同様に、薬学も年々進んでいますので、研鑽を怠らず、最新の薬学情報を身につけている方が有利というわけです。
補足ですが、こうした方の場合には転職の際にもかなり有利になっています。
最後に、こうした状況および諸因子を総合してみますと、薬剤師求人には、大学の相違よりも、薬剤師としてのスキルが重視されるとのいうのが本稿の結論です。
蛇足ですが、薬剤師というより、薬科大学から、薬学の研究への道を望まれる場合には、調剤薬局やドラッグストア等での求人内容とは全く異なる、大学の系列の問題が大きく関係してくることを補足して、本稿を終えます。


希望に合った職場を見つけるために