必要とされる医療保険事務のスキルも併せ持って薬剤師求人に応えていければいいですね


薬剤師求人が多くなっているという話です。
大学の制度も変わり人材が不足してるとのことです。
薬剤師の一番の勤務先といえば調剤薬局ですよね。
調剤薬局は小さいながらもどんな町でも見かける存在で、
必ず病院の近くには点在しています。
そして覗いてみると薬を待つ患者さんがいつも座って待っているような状態ですから、
これからもなくなりはしないでしょう。
なんか今は少なくなってきた安心という言葉が似合いそうな職場ですね。
特に田舎でお仕事として考えるなら薬局というのは見過ごされているところなのかもしれません。
それでは薬剤師求人について、どんなスキルが求められるのでしょう。
薬剤師は国家資格が必要で、その資格を得るためには大学に行く必要があり、
薬剤師求人に応えられる人はすでにそのあたりはクリアーしていることでしょう。
調剤薬局の収益を支えるポイントとして医療事務が上げられます。
医療事務は事務スキルの1つとして薬剤師とは別に存在していますよね。
どんなことをしているのかというとレセプトと呼ばれる診療報酬明細書の処理をしています。
診療報酬明細書というのは保険と関わりがあります。
国民健康保険や社会保険が「保険」です。
わたしたちは国民健康保険や社会保険に入っていれば、
医療費を全額払わなくても一部負担でいいですよね。
調剤薬局には一部負担のお金だけが患者から直接窓口に支払われます。
それでは残りの金額はいつもらうのでしょう。
もちろん調剤薬局が泣き寝入りをしていては赤字続きで営業ができません。
当然支払うのは保険ということになりますよね。
調剤薬局は残りを保険に請求するためにレセプトと呼ばれる診療報酬明細書を作成するのです。
この部分を指して医療保険事務といいます。
医療事務の中でも保険を扱うので医療保険事務という言い方になっています。
レセプト処理の作業量は多いので一般的に医療事務員を置いて専門にやってもらってる感がありますが、
実際には薬剤師もレセプト処理を行っているところが多いのです。
薬剤師といえども薬のことだけやっていればいいというわけにはいかないのですね。
医療保険事務のスキルも併せ持って薬剤師求人に応えていただきたいなと思います。


希望に合った職場を見つけるために