デフレに強い薬剤師の年収


薬剤師は薬学部を卒業し、国家試験を合格しているのですから、その年収はきっと一般の社会人より高いのではないかというイメージがあります。
薬剤師の平均年収を調べてみると、600万円弱といったところです。
これを低いと見るか高いと見るかは人それぞれでしょう。
ただ、最初は高くても、それからあまり上がらないことを考えいると医師などとは違うという気がします。
それでも、薬剤師にはデフレに強いというメリットがあります。
長引くデフレ経済のなかでも、薬剤師求人に見る年収はほとんど低くなっていません。
他の職業ではどんどん年収が低くなっていくなかでも、薬剤師の年収はほとんど変わらないのですから、薬剤師はデフレに強い職業だということができそうです。
それは、薬剤師が慢性的に不足しているという状況があるからでしょう。
薬剤師を確保するためには、薬剤師求人の年収を下げられないという事情があったからだと思います。
平均年収は600万円弱ですが、それは性別や年齢、経験、地域などで違ってきます。
女性の場合は平均年収が500万円を割っている方も多いようです。
それは女性の場合は結婚や出産で、仕事を離れてしまうケースが多いことが影響してるのかもしれません。
ただ、働き始めてから2、3年年収のピークを迎えるというメリットもあります。
3年目で500万円超というようなこともあるようです。
なかには40代50代で年収800万円ということもあるそうです。


希望に合った職場を見つけるために