簡単・便利な薬剤師求人 理想の薬剤師生活をお約束! Tue, 25 Mar 2014 13:18:58 +0000 ja hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.4.2 徳島で探す柔軟な薬剤師の求人 /kibou-shokuba-mitsukeru/jyunan/ Tue, 25 Mar 2014 13:18:58 +0000 /?p=65 [Read the full story ...]]]> 資格を取得していることは、その人の学習の到達具合を客観的に推し量ることのできる物差しになります。
そのために就職や転職といった場合には、とくにどのような資格を所有しているかが評価されることになります。
ただそれだけでなく、医療分野においては、資格そのものを取得していなければ、仕事に就けないことのほうが圧倒的に多くあります。
最悪の場合、命にかかわることにもつながるわけですから、それに見合っただけに資格や知識を持ち合わせていなければなりません。
薬剤師、とくに調剤薬局の薬剤師は、医師のオーダーした薬剤を患者に手渡すのが仕事になります。
しかし直接患者に接することで、患者の体調や薬剤がふさわしいかをチェックすることもできます。
薬剤師が積極的に仕事に取り組む姿勢を持つことで、より患者のためになってきます。
そのような調剤薬局をはじめ、薬剤師の働く場所が、徳島にも多くあります。
薬剤師求人には、雇用形態もさまざまですし、労働時間も幅広く選べるケースも多くあります。
女性の場合、子育てをしながらでも限られた時間だけ集中して働ければとてもありがたいものです。
またどうしてもカゼやインフルエンザのように流行のある疾患もあります。
とても忙しくなる時期もありますが、職場の理解があれば、残業をしなくてもいいようにしてもらえることもあります。
徳島にも柔軟に働ける薬剤師の求人が多くあるので、働きやすいところで仕事のできるようにしたいものです。

]]>
埼玉の薬剤師求人を探すには /kibou-shokuba-mitsukeru/saitama/ Tue, 18 Feb 2014 12:52:58 +0000 /?p=64 [Read the full story ...]]]> 安定している仕事でもあり、お給料も他の仕事と比べて高い職業でもあるので、薬剤師は人気があります。
誰かの為に役に立ちたい、という気持ちから薬剤師求人に応募されている方もいるのではないでしょうか?
埼玉で探している方も、病院勤務や薬局勤務など様々な求人の中から好きなものを選ぶことができるでしょう。
どのようなことをしたのかを再確認してから、自分の働きたいジャンルを選び働くのがいいでしょう。
直接患者さんにかかわるのではなく、製薬会社などでも働くことができます。
こちらの仕事は男性が主に多く、薬剤師を目指している方の中でも給料が良いことでも知られています。
どのような求人があるのか調べたいときには、インターネットで調べるのが良いでしょう。
最新の情報が随時更新されていることがほとんどですので、新しい求人も見逃さずに応募することができます。
サイトの中には会員登録をすることで、見られる求人の数が倍以上に増える場合もあります。
特に何もしていない状態ですと、なかなか見られる求人にも限りが出てきてしまうのでもったいないでしょう。
土日が休みなのか、転勤をあまりしたくない方は転勤がなく地元密着型の職場なのかも調べることが可能となります。
様々なことを考慮し自分に一番合った職場を選び、面接を受けるようにしてみると会社に入ってからの思っていたことと違うなどのギャップも少なくなるのではないでしょうか?
自分に合った薬剤師求人を探し、就職を成功させましょう。

]]>
地域のためにもなる島根の薬剤師求人 /chubu-shikoku-yakuzaishi/tiikinotame/ Fri, 10 Jan 2014 12:52:20 +0000 /?p=63 [Read the full story ...]]]> 薬剤師というと、病院に隣接した調剤薬局で働くという印象がとても強いかもしれません。
しかし実際のところ、薬剤師の求人は、もっと幅広いところにあります。
薬剤を扱うことのできる資格と知識を持ち合わせているので、官民の研究機関や、製薬会社などからも薬剤師の求人はあります。
どのような仕事をしたいかをきちんと思い描くことができるかで、ずいぶんと働き方が変わってくるといえます。
もちろん地方であっても薬剤師を必要としていることには変わりはありません。
むしろ人口の割合からすると、はるかに高齢化が進んでいたり、過疎化が進行しているので、薬剤師の立場からできることもいっそう多くなるかもしれません。
仮に都市部で暮らしていたとしても、田舎が島根にあるということもあるでしょう。
やがては田舎に帰ることを考える時期がやってくるかもしれません。
田舎に帰る時の条件の一つは、どのようにして収入を確保するかという点にあります。
薬剤師求人は、日本全国ありますから、その求人に応募することで、たとえ島根であっても仕事にあり解け、収入面を安定させることができるでしょう。
都市部に比べてはるかに人の関係が濃密です。
そのような土地柄で医療に関わる仕事をするのは、とても信頼されることにもなります。
地域に少しでも貢献できるようにすることが、仕事に対するやりがいにもつながります。
島根の薬剤師求人で、地域のためになるような仕事に取り組めるようにしたいものです。

]]>
大阪での薬剤師求人の探し方 /kibou-shokuba-mitsukeru/sagasikata/ Fri, 29 Nov 2013 12:51:23 +0000 /?p=62 [Read the full story ...]]]> 大阪の薬剤師求人は非常に多いので、その中でより待遇のよい自分にあった求人を選ぶかということがポイントになります。
では、実際にどのように求人を探すのがいいかということについて説明します。
まず、方法としては実際働いて見たい施設や薬局があれば直接問い合わせをすることです。
ホームページに掲載していたり、薬局だったら店舗に薬剤師募集といって張り紙をしてあることもあります。
他にも広告や新聞の求人欄をチェックするという方法があります。
知り合いの紹介に頼るというのも一つですね。
ですが、最近の傾向としてはインターネットでの求人検索が量も豊富で非常に手軽に行え、成功率が高いと言われています。
インターネットのよいところはいつでも誰でもどこでも閲覧できることですよね。
薬剤師として働いていて転職を考えているのであれば、日々の業務が忙しくてなかなか転職活動が進まないという人も多いものです。
ですから、インターネットを使って業務外の時間に効率よく検索をかけて探すことがおすすめです。
特に最近では薬剤師専門の求人サイトもあります。
とりあえず登録をしておけばスカウトメールが届くというサービスもあり、自分から情報をとりにいかなくても勝手に情報が取得できるというサービスもあります。
求人案件以外にも書類の書き方や面接のポイントなどもこうしたサイトでチェックすることもできます。
こうしたサービスを活用しながら少ない時間の中で仕事内容・待遇のよい求人を探しましょう。

]]>
島根県で薬剤師求人を探すなら /chubu-shikoku-yakuzaishi/simanede/ Sun, 20 Oct 2013 14:01:05 +0000 /?p=60 [Read the full story ...]]]> 一昔前、島根県で薬剤師の資格を持っていても、県内での働き先といえば、県内各市町村の公立病院の院内薬局しかなく、とても狭き門でした。
なので、他県に職を求めて、郷里を離れて就職されたという方も多いのではないでしょうか。
しかし、医薬分業化が進み、島根県内、特に松江市内や出雲市内では、大きな病院だけでなく、街のクリニックの周辺には、必ず処方薬局を見かけるようになりました。
それに、薬事法改正で、ドラッグストアでは、必ず薬剤師を採用するようになりましたから、薬剤師の資格を活かした仕事も見つけやすくなりました。
特にドラッグストアは、松江、出雲だけでなく、浜田や大田などの小都市にもありますから、随時、薬剤師求人が広告されています。
こうした状況を踏まえると、Uターンされたいと思っている方には、絶好の機会ですよね。
とはいえ、郷里から離れて暮らしている方には、なかなか現地での就職活動はままなりません。
ただ、ネット上の薬剤師求人サイトを上手に活用すれば、現地で活動しなくとも、せめて面接のときだけ現地に赴くという程度で、比較的容易に自分の希望に添った求人をみつけることができます。
薬剤師求人サイトの中には、病院、調剤薬局、ドラッグストアなどの業種を選択したり、県内の市町村別の勤務地で検索したり、勤務時間帯で検索できるものもありますから、そうしたサイトを利用すれば、遠方からでも応募しやすいのではないでしょうか。

]]>
薬剤師求人サイトで宮崎の募集を見つけましょう /kyushu-yakuzaishi-genkyo/bosyu/ Mon, 16 Sep 2013 13:46:27 +0000 /?p=59 [Read the full story ...]]]> 結婚して、宮崎に引っ越してきた方もあるでしょうが、専業主婦ならともかく、そこで新しい職場を探そうと思うと、なかなか自分の希望の条件に合った職場を見つけられないかも知れません。
しかしそれが薬剤師の場合は、薬剤師求人サイトから探せば、たくさんの募集を見つけることが出来るのでおすすめです。
宮崎で薬剤師の資格を持っていた人のすべてが地元で就職するとは限らないので、東京や大阪などの人がたくさんいる大都会より、意外と宮崎の方が就職先が充実しているようなことがあります。
給与が高く、ボーナスが多く、休日・休暇がたくさんあって、福利厚生もきちんとしているような就職先が多いので、宮崎にお住まいの方はぜひ探してみてください。
総合病院や街の小さなクリニックでも募集していますし、チェーンのドラッグストアや調剤薬局なども人手不足に悩んでいるので、さまざまな条件を見比べて、その中でもっとも自分に合った就職先に応募するようにしたいですね。

]]>
薬剤師の年収はどのくらい? /kibou-shokuba-mitsukeru/nenshu-donokurai/ Fri, 02 Aug 2013 13:57:30 +0000 /?p=55 [Read the full story ...]]]> 薬剤師ともなると国家資格の専門職ですので、給料も期待してしまいますよね。
しかし現実は、そんなに甘くはない・・・というか、薬剤師でもキャリアは職種によって年収が大きく変わるので一概ではありません。
平均年収としては約500万円とのことですので、サラリーマンの平均年収と変わりないのです。
ちなみに、新卒の平均年収は400万円となっています。
これじゃあ夢も希望もない!と思う人もいるかもしれませんが、キャリアによっては年収700~800万円も稼げる人もいます。
400万円~800万円と年収に大幅な差がある理由には、薬剤師は女性が多いという点が起因しています。
女性は、結婚、出産、育児などで一時リタイヤする人も少なくはありません。
また、職場復帰するにしてもパートなどで雇用される人がほとんどですので、そのため必然的に年収が落ち込んでしまいます。
しかしドラッグストアのパートタイムなどの時給だけを見ると、時給2000円が相場となっており、かなりおいしい仕事であるという事も言えるのです。
男性の場合はキャリアアップを頑張るのがお勧めですが、女性の場合はその場その場で高給パートを見つけてやっていくのもいいでしょう。
これらの求人ですが、薬剤師求人の専門サイトで見つけることができます。
薬剤師求人専門なら、効率よく自分に適してた求人を見つけることができるでしょう。
まずは登録して、どんな求人があるのか確認してみてください。

]]>
デフレに強い薬剤師の年収 /kibou-shokuba-mitsukeru/defure-nenshu/ Mon, 22 Jul 2013 02:56:33 +0000 /?p=54 [Read the full story ...]]]> 薬剤師は薬学部を卒業し、国家試験を合格しているのですから、その年収はきっと一般の社会人より高いのではないかというイメージがあります。
薬剤師の平均年収を調べてみると、600万円弱といったところです。
これを低いと見るか高いと見るかは人それぞれでしょう。
ただ、最初は高くても、それからあまり上がらないことを考えいると医師などとは違うという気がします。
それでも、薬剤師にはデフレに強いというメリットがあります。
長引くデフレ経済のなかでも、薬剤師求人に見る年収はほとんど低くなっていません。
他の職業ではどんどん年収が低くなっていくなかでも、薬剤師の年収はほとんど変わらないのですから、薬剤師はデフレに強い職業だということができそうです。
それは、薬剤師が慢性的に不足しているという状況があるからでしょう。
薬剤師を確保するためには、薬剤師求人の年収を下げられないという事情があったからだと思います。
平均年収は600万円弱ですが、それは性別や年齢、経験、地域などで違ってきます。
女性の場合は平均年収が500万円を割っている方も多いようです。
それは女性の場合は結婚や出産で、仕事を離れてしまうケースが多いことが影響してるのかもしれません。
ただ、働き始めてから2、3年年収のピークを迎えるというメリットもあります。
3年目で500万円超というようなこともあるようです。
なかには40代50代で年収800万円ということもあるそうです。

]]>
社会状況の変化に伴う薬剤師求人動向と大学(制度)との関係 /kibou-shokuba-mitsukeru/shakai-henka/ Mon, 08 Jul 2013 03:55:07 +0000 /?p=53 [Read the full story ...]]]> 本稿では、表題に記しましたように、社会状況の変化に伴う薬剤師求人の今後の動向と、大学による違いや大学制度の変化の影響について記しました。
社会状況の変化とは、調剤薬局が充実してきたことによるドラッグストアでの薬剤師さんの求人需給動向の変化、ネット販売が一部の薬剤については規制する法律ができましたが、この問題が再燃する可能性があるといったことがあり、こうした要因を抜きにしては、この問題の全体像は把握できません。
また、大学制度、具体的には薬科大学が6年制になったことや、薬科大学の定員増といった背景はありを指します。
以下、こうした点を加味して、今後の求人動向に触れてみます。
まず、医薬分業による調剤薬局の不足がほぼ解消されてきているという現実があります。
数年もすると、飽和状態になるとの予測もあります。
一方、ドラッグストアでの人員不足は当分かわりそうになく、この方面での求人増はある程度見込めると推定されます。
しかし、調剤薬局勤務の場合と、ドラッグストア勤務の場合の薬剤師さんへの給与他の面での待遇差を鑑みると、長いスパンで見た場合に、現状の薬剤師求人数が大幅に増加することはないか、横ばいというのが一般的な見方ですね。
ただし、この状況は、都道府県ごとに、また、地域ごとにかなりの格差があると言う事情は、当分は変わらないと予想されます。
つまり供給過剰な地域と薬剤師不足の地域差はなかなかにうまりそうにありません。
次に、大学別という観点から現状を分析しました。
基本的には、具体的な大学名は伏せますが、薬剤師国家試験の合格者数の多い所ほど、当然と言えば、一般的な意味では人気があります。
しかし、これはあくまで一般論であり、この世界においても、学歴よりも能力主義というか即戦力になりうるかというのが求められる人物像の中の大きな要素です。
薬学部が6年制になった背景には、薬剤師全体の質的低下という要素がありましたが、早急に質的な底上げは望めないのが実情です。
従って、大学による相違というよりも、実際に仕事に就いてからの知識・技術等のスキルアップに努めた方が優遇されているのが現状です。
つまり、医学同様に、薬学も年々進んでいますので、研鑽を怠らず、最新の薬学情報を身につけている方が有利というわけです。
補足ですが、こうした方の場合には転職の際にもかなり有利になっています。
最後に、こうした状況および諸因子を総合してみますと、薬剤師求人には、大学の相違よりも、薬剤師としてのスキルが重視されるとのいうのが本稿の結論です。
蛇足ですが、薬剤師というより、薬科大学から、薬学の研究への道を望まれる場合には、調剤薬局やドラッグストア等での求人内容とは全く異なる、大学の系列の問題が大きく関係してくることを補足して、本稿を終えます。

]]>
必要とされる医療保険事務のスキルも併せ持って薬剤師求人に応えていければいいですね /kibou-shokuba-mitsukeru/iryouzimu/ Thu, 28 Feb 2013 06:04:28 +0000 /?p=49 [Read the full story ...]]]> 薬剤師求人が多くなっているという話です。
大学の制度も変わり人材が不足してるとのことです。
薬剤師の一番の勤務先といえば調剤薬局ですよね。
調剤薬局は小さいながらもどんな町でも見かける存在で、
必ず病院の近くには点在しています。
そして覗いてみると薬を待つ患者さんがいつも座って待っているような状態ですから、
これからもなくなりはしないでしょう。
なんか今は少なくなってきた安心という言葉が似合いそうな職場ですね。
特に田舎でお仕事として考えるなら薬局というのは見過ごされているところなのかもしれません。
それでは薬剤師求人について、どんなスキルが求められるのでしょう。
薬剤師は国家資格が必要で、その資格を得るためには大学に行く必要があり、
薬剤師求人に応えられる人はすでにそのあたりはクリアーしていることでしょう。
調剤薬局の収益を支えるポイントとして医療事務が上げられます。
医療事務は事務スキルの1つとして薬剤師とは別に存在していますよね。
どんなことをしているのかというとレセプトと呼ばれる診療報酬明細書の処理をしています。
診療報酬明細書というのは保険と関わりがあります。
国民健康保険や社会保険が「保険」です。
わたしたちは国民健康保険や社会保険に入っていれば、
医療費を全額払わなくても一部負担でいいですよね。
調剤薬局には一部負担のお金だけが患者から直接窓口に支払われます。
それでは残りの金額はいつもらうのでしょう。
もちろん調剤薬局が泣き寝入りをしていては赤字続きで営業ができません。
当然支払うのは保険ということになりますよね。
調剤薬局は残りを保険に請求するためにレセプトと呼ばれる診療報酬明細書を作成するのです。
この部分を指して医療保険事務といいます。
医療事務の中でも保険を扱うので医療保険事務という言い方になっています。
レセプト処理の作業量は多いので一般的に医療事務員を置いて専門にやってもらってる感がありますが、
実際には薬剤師もレセプト処理を行っているところが多いのです。
薬剤師といえども薬のことだけやっていればいいというわけにはいかないのですね。
医療保険事務のスキルも併せ持って薬剤師求人に応えていただきたいなと思います。

]]>